シボレーアストロは車マニアでも知られる所ジョージ

シボレーアストロは車マニアでも知られる所ジョージさんが、自動車雑誌「Daytona」で取り上げたこともあって、1990年代日本でも爆発的な売り上げを記録しました。 そのシボレーアストロのバッジ違いがGMCサファリです。バッジエンジニアリングとは姉妹車を別の販売網で売るために、車名やブランド名を変えて販売することを言います。多くのブランドを擁する自動車会社にはよく見られる手法で、日本車現行車種の例ではトヨタ・カムリとダイハツ・アルディス、トヨタ・bBとダイハツ・クーなどがあげられます。 基本的には商用のミニバンですが、日本車のミニバンと比べると圧倒的に広い車内や国産1BOXと同等の燃費など使い道は広く、日本人ユーザーのほとんどは日常の乗用として使用しているようです。

また多くのアメ車に見られる「壊れやすい」という欠点ですが、アストロ/サファリは走行にかかる部分は非常に頑丈に作られています。 現在は生産が終了されていますが、その力強いスタイリングはいまだに人気が高く多くのコンバージョンを生み出しています。主なコンバージョンの車種はスタークラフト、ティアラ、ガルフストリームなど。






医療保険比較を考えるのならどんな専門の人と相談するのか良いのでしょうか。どんな立場の人にお願いするかは大切です。専門家に医療保険の見直しを考えてもらうのも効果があるのではないでしょうか。-

IT技術が保険に活かされたことで多様な保険の比較が簡単にできます。保険料が激安に設定された保険も容易に選べるようになりました。ただし保険選びは大変。安易に流されないことです。これまでになかった保険の入り方が増えてきました。保険見直し本舗などの保険ショップも考えましょう。-