シボレーカマロはGMを代表するマッチョなスポーツクーペ

シボレーカマロはGMを代表するマッチョなスポーツクーペとして、アメ車ファンから高い支持を受けています。現行モデルで4代目となりますが、日本に輸入されたのは3代目と4代目のみになります。 シボレーの創業者であるルイス・シボレーの「安くて高性能な車をつくりたい」という思いを受け、9年もの歳月をかけて完成した初代は1969年にトランスアメリカン・チャンピオンシップで優勝。そのDNAは4代目にも確実に受け継がれています。 エンジンは3.6LのV6エンジンと、5.7L V8エンジンの二種類でアンバランスなまでのパワフルな走りも選択可能。町乗りを軽快に楽しみたい人にも、アメ車らしい豪快な加速感を味わいたい人にも対応できるようになっています。インテリアは実用本位に設計され、機能的な仕上がりになっています。

新型カマロの販売は2009年に予定されています。ニューモデルは環境重視の流れを受け、最新のエミッションや環境性能を追求したモデルになるようです。燃費(高速モード)は12.7km/Lと排気量から考えれば、かなり燃費性能アップでユーザーとしてはうれしいところ。まだ先の話ですが、アメ車ファンとしては楽しみです。






よく考えよく気合を入れて学資保険をするようにしましょう。私立学校公立学校どうするかどの保険がいいかが当然変わってきます。その見積りを落ち着いて考えて見比べて最終決定しましょう。大切なのはここです。-

どんな保険を選択するかは簡単なことと思ってはいけません。生命保険をうまく見直す方法、つまり言い換えるのならばどううまく保険の見直しを比較して選ぶのかどうとらえるのか。大切なことです。損しないためには保険シッョブのみつばち保険ファームを試すことです。-