今回取り上げるキャデラックSTSは100年の歴史を持つキャデラックの最新モデル

今回取り上げるキャデラックSTSは100年の歴史を持つキャデラックの最新モデルです。現在、CTSと呼ばれる普及モデルも存在しますが、STSはセダンタイプの最上級モデル。 直線的なスタイリングでまとめられた個性的な外観は、他のキャデラックシリーズ、セダンの普及モデルCTSやSUVのSRS,オープンカーのXLRにも共通します。 高級車にふさわしい乗り心地と室内環境、卓越したドライビングパフォーマンスと新世紀キャデラックとしての完成度は申し分なし。格子調の台形グリルや縦長のテールランプ、横一文字のハイマウントストップランプなど風格ある外観デザインは一目でキャデラックとわかる存在感です。

心臓部にあたるエンジンはV型8気筒4.6リッターと4.4リッター+スーパーチャージャー、V型6気筒3.6リッターの3機種。足回りにはスタビリトラック、マグネティック ライド コントロールと最先端の技術を採用しました。 2007年に発表された2008年モデルでは内外装のフェイスリフトやパワートレインに変更が加えられました。エンジンは新開発のV6直噴ユニットは設定され、さらなるパワーアップが図られています。






生命保険をどのような場所で誰に相談をするのでしょうか。家族のライフプラン問題について早めに検討を済ませておけば思っているよりもうまくいきます。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPとなってアドバイスする保険業界人もいます。そのコンサルティング能力次第でどのような生命保険の組み合わせになるかが決まってしまいます。ファイナンシャルプランナーと生命保険の意見を参考にしましょう。いいファイナンシャルプランナー・FPに合えれば最高です。-

失敗せずに保険商品を選べるかは生命保険について確り方向を考えることです。保険かけ直しをするということは誰の家であってもけっこう難しい問題と言われています。後悔しないように解決するために考えて意見を伝えておけば心配するほどではありません。みつばち保険ファームなどの保険ショップの生命保険無料相談もあるので、プロと話すことがいいのです。-