アメ車の魅力

独特の豪快なフォルムや大きめのボディが特徴のアメ車。
ビックスリーといわれる「ゼネラルモータース」「フォード・モーター」「ダイムラー・クライスラー」を筆頭に長く世界の自動車産業の中心的存在として君臨してきました。日本におけるシェアは低いのですが、熱狂的なファンも数多く存在します。とかく「扱いにくい、壊れやすい」というイメージが先行しがちなアメ車ですが、その欠点も最近はかなり改善されつつあるようです。

「燃費が悪い」というイメージも強いですが、これも最近のエコブームの影響も受けて日本車と変わらないレベルに近づいてきたようです。
実際ユーザーレポートを読んでみても、「燃費性能は気にならない」という記述を多く見かけます。(もちろん車種にもよりますが)アメリカの乾いた一本道を飛ばすように考えられた車ですから、高温多湿の狭い日本で扱うとなるとどうしても乗り心地や扱いやすさでは日本車や欧州車に一歩譲ってしまいますが、それでも根強いファンを持つ理由に、そのおおらかさと個性的なデザインがあげられると思います。
その魅力的な「アメ車」の世界を、ぜひ覗いてみてください。

ゼネラルモータース(GM)はミシガン州デトロイトに本社

ゼネラルモータース(GM)はミシガン州デトロイトに本社を置く、世界最大の自動車メーカーです。日本にも日本ゼネラルモータースとゼネラルモータース・アジア・パシフィック・ジャパンの二社を持ちます。 1990年代まではアメリカ好景気を受けて、SUVやピックアップトラックの販売が好調でしたが、近年は原油高騰などの影響を受け、大型車よりコンパクトカーやハイブリットカーに消費者のニーズがシフトしつつあります。そのため小型車開発のノウハウで一歩劣るGMは日本車に押され、販売面では苦戦が続いているようです。擁するブランドはキャデラックをはじめ、シボレー、ビュイック、ハマーなど。

また、欧州でもオペルやサーブを子会社に持ちます。 GMを代表するブランドのひとつにシボレーがあります。主な車種はコルベット(日欧向けにはシボレーブランドとしてではなく単にコルベットとして販売)、MVV、アストロ、カマロなどで、日本でも人気の高い車種を多く販売しています。 また自転車販売も行っていることでも有名です。自転車を購入すれば手軽にアメ車の「かっこよさ」を味わえるかも?






自分自身の入る保険の評判はずしてはいけない視点はいいのか悪いの。保険商品をどうするか考えるに当たり誰に相談しますか。生命保険で満足するためには具体的にどんな目的とした生命保険かをしっかりと考え続けることです。かんぽ保険の評判を気にしますか。誰しも悩む問題です。-

生命保険の保険設計書を比較し読み取るのは難儀です。生命保険の相談をするのならそのアドバイザーがどんな立場でこれまで仕事をやってきたのかしっかりと確認しないといけません。その上で保険比較しネット生保も考えましょう。その進め方が大切でしょう。-